So-net無料ブログ作成
映画etc. ブログトップ
前の10件 | -

宇宙兄弟 [映画etc.]

__.JPG

あらすじ:日本人初の宇宙飛行士という夢を追いかける兄弟の姿を描いた小山宙哉の人気コミックを、小栗旬&岡田将生の主演で実写映画化。幼い頃から2人で一緒に宇宙飛行士になることを夢見てきた兄ムッタと弟ヒビト。2025年、ヒビトはその約束どおりに宇宙飛行士となり、月面長期滞在クルーの一員として世間の期待と注目の的だった。一方、挫折して無職のムッタは弟との落差に落ち込んでいたが、ある日、JAXAから宇宙飛行士選抜試験の選考通過を知らせる手紙が届く。ムッタは夢に向かって再び歩みはじめるが、そんな時、月面でヒビトの乗った探査機が消息を絶ち…。

漫画が原作で、原作はとても人気があるらしい。
でも映画となるとどうだろう?と期待半分で見始めました(なぜか上から目線)。

前半はCMで見た予告編の感じで進んでいきますが、弟ヒビトが乗ったスペースシャトルの発射シーンの映像がリアルで感動的で、その辺りからワクワクし始めました。

小さい頃夢中になった宇宙への夢を持ちながら、かたや宇宙飛行士かたや無職と月と地球のように遠く離れてしまった二人。
兄ムッタの、弟やかつて持っていた宇宙へ夢に対する複雑な思いは、スペースシャトルの発射を目の当たりにして変わっていき、でっかい夢の続きを始める決意をします。
弟はずっと宇宙への夢と、兄と宇宙へ行く夢と約束を忘れないでいました。

そうして、弟ヒビトは月で月面探索を、兄ムッタは地上で宇宙飛行士への最終試験を受け、遠く離れた場所でそれぞれを想います。

おっきい夢を見ることを忘れていたなぁと思いました。
「小さな幸せ」を求めることはもちろん大事なんだけど、どこかでおっきい夢を諦めて、そんな夢を見ることさえ忘れていたなぁと。

小栗旬×岡田将生は良かった!
特にモジャモジャ頭の小栗ん、上手でした^o^
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

幸せへのキセキ [映画etc.]

__.JPGimage.jpeg

あらすじ:閉鎖されていた動物園を買い取り家族とともに再建した英国人ジャーナリスト、ベンジャミン・ミーの回顧録をもとに、最愛の妻を亡くした男が動物園を立て直すことで悲しみを乗り越えていく姿を描いたヒューマンドラマ。監督は、「あの頃ペニー・レインと」のキャメロン・クロウ、主演はマット・デイモン。妻を亡くして半年がたつベンジャミンは、新しい場所で新しい人生を始めるため郊外に家を買う。悲嘆に暮れる14歳の息子と7歳の娘を連れて引越したベンジャミンは、家の隣に閉鎖中の動物園があることを知ると、ある思いを胸に動物園の再オープンを目指す決意をする。

原題は『We Bought a Zoo』。
今冬聴き始めてハマっているシガー・ロス(のVo.ヨンシー)が音楽を務めていることで知った映画です。

実話を基にした映画だそうです。
妻を、母を亡くした家族が手探りでその絶望から立ち上がり、再生していく物語。

父は娘の喜ぶ様子をみて、閉鎖した動物園付きの田舎の家に引っ越す決意をします。
家族それぞれが大きな喪失を抱えながら、動物園の再建という大変な事業を始めることにー。

動物園のシーンはキラキラした音楽とともに新天地の希望を感じる映像が多くて、胸がワクワクしました。
配役も良かったです。娘ちゃんがめちゃくちゃ可愛かった♡

爽やかな後味の良い映画でした。

大の音楽ファンでもあるキャメロン・クロウ監督が「彼の音楽の中に、この映画が描きたい陰影、感情がある」と絶賛したというサントラもオススメd(^_^o)
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

ホビット 思いがけない冒険 [映画etc.]

__.JPG

あらすじ:「ロード・オブ・ザ・リング」の前章となるJ・R・R・トールキン著「ホビットの冒険」を映画化した3部作の第1部。「ロード・オブ・ザ・リング」より60年前の中つ国(ミドル・アース)を舞台に、指輪の前所有者であるホビット族のビルボ・バギンズが繰り広げる冒険を描く。ドラゴンに支配されたエレボールのドワーフ王国の再建をかけ、旅へ出ることになったビルボは、戦士トーリン・オーケンシールドら13人のドワーフとともに、ゴブリン、オーク、巨大なクモなど危険が待ち受ける荒野を進む。やがて旅の途中でゴラムと出会ったビルボは、中つ国の運命と深く結びついた指輪を手に入れ…。

先週末観てきました(^O^☆♪

公開に備えて『ロード・オブ・ザ・リング』の1,2まではDVDで観直しました。3は間に合わなかったのでこれから!
今回はスペシャルエディションを借りて、特典の監督や俳優たちのオーディオコメンタリー(音声解説)も観て、作り手たちの熱い思いに触れて更にLOR熱が高まっていました。※LOR=ロード・オブ・ザ・リング
それにLORは劇場で観なかったので、ホビットはぜひ劇場でと思っていました。

本作は、LORキャストもちらほら出てきてLORファンには嬉しい限り。
最初にLORの主人公フロド、それからグレーの魔法使いガンダルフ、エルフのガラドリエルにエルロンド、白の魔法使いサルマン、そしてゴラム!

LORはそのテーマから全体的に悲壮感が漂っていましたが、ホビットは今のところ冒険譚という要素が強い気がしました。戦闘シーンが多くて、3時間が思ったより早く過ぎていました。

この話が60年後のLORに繋がっていくのかーと思いながら感慨深く観ました。
まだまだ序章、第二章・第三章が楽しみです♫

★『ロード・オブ・ザ・リング』について書いた記事はこちら
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

英国王のスピーチ [映画etc.]

image.jpeg

あらすじ:現イギリス女王エリザベス2世の父ジョージ6世の伝記をコリン・ファース主演で映画化した歴史ドラマ。吃音(きつおん)障害を抱えた内気なジョージ6世が、言語療法士の助けを借りて障害を克服し、第2次世界大戦開戦にあたって国民を勇気づける見事なスピーチを披露して人心を得るまでを描く。

いやぁ良い映画でした(⌒▽⌒)

久しぶりに爽やかな気分になれる誠実な映画を観た気分です。
雰囲気はどちらかというと地味ながら、英国らしい品のあるでもウィットに富んだ作品でした。

吃音障害を抱え王になることを望まなかったヨーク公ですが、長男がその恋愛事情で王を退くこととなり、次男ながら王となります。
第二次世界大戦に突入していく不穏な時期に、政治的決定権を持つわけでもない王室の存在価値について悩みながら、吃音障害を抱え唯一?かつ大事な役割である国民への語りかけであるスピーチさえ満足にできぬ自分を恥じていました。

彼は小さい頃から王族として育てられ、それゆえに精神的な圧迫などから吃音障害を患っていたようです。
彼は言語療法士のライオネルと出会い、その自分に対等な関係を求めファーストネームで呼んでくるオーストラリア人に反発心を覚えながらも、何度も衝突しながら心を開いていきます。

戦争が始まることとなり、国民は大きな不安の中王の声を求めました。
開戦前夜のスピーチはこれまでになく長いものでしたが、彼はライオネルの協力のもと力強く誠意あるメッセージを国民に送ることができたのでした。

この話は実話を基にしたものだそうです。
ジョージ6世の苦悩や葛藤には胸がつまる思いがしました。彼を心から愛し信頼する奥さんや彼は王となる存在だと信じ力づけるライオネルの支えがあって、国民の期待に応えたいという思いが彼を変えていきました。

映画って、本当にいいものですね!
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

007 スカイフォール [映画etc.]

__.JPGimage.jpeg

あらすじ:トルコのイスタンブールで、極秘データを盗んだ敵を追っていたMI6エージェント“007”ことジェームズ・ボンドは、敵ともみ合ううちに狙撃され、川に落ち生死不明に。MI6では007を死亡したと判断する。その頃、MI6本部が爆破され、サイバーテロ予告が届く。これらのテロはMI6を率いる“M”に恨みを抱く者の犯行だった。イスタンブールで密かに生き延びていたジェームズ・ボンドはMI6に戻り、MI6を襲う敵に立ち向かうことを決意する…。

待ってました!ダニエル・クレイグが主演になってから三作目の“007 スカイフォール”。

見どころはやはりダニエルの肉体美とスーツ(トムフォード)の着こなしとアクションでしょうか(^ー^)ノもちろんストーリーも面白いです。

チュロスとコーヒーをおともに、と思ったけどチュロスって食べると結構音がして・・・予告編の間に急いで食べました(笑)
予告編では観たい映画がいくつもあって。映画館のカードも作ったし、今年は映画館でたくさん映画を観るぞー♪

★ダニエル・クレイグが主演になってからの二作“カジノ・ロワイヤル”と“慰めの報酬”について書いた記事はこちら
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

プリンセス トヨトミ, 風が強く吹いている [映画etc.]

714-kzEwFGL.jpg
『プリンセス トヨトミ』
堤真一, 綾瀬はるか (出演), 鈴木雅之 (監督)
人気作家・万城目学のベストセラー小説を映画化!七月八日の金曜日、午後四時。大阪が全停止した。通常の街としての営業活動、商業活動は停止。公共機関も運転をやめた。種々の非合法活動すら、この世から存在を消した。四百年に渡って封印されてきた扉を開ける重要な“鍵”となったのは、東京からやって来た会計検査院の三人の調査官と、大阪の商店街に生まれ育った二人の少年少女だった―。

51S0DbFYeYL.jpg
『風が強く吹いている』
小出恵介, 林遣都 (出演), 大森寿美男 (監督)
直木賞作家・三浦しをんの傑作小説を映画化!
箱根駅伝に奇跡の出場を果たした、寄せ集め陸上部の汗と涙と感動の青春群像劇!
目指せ、箱根駅伝。限りなくゼロに近い可能性に挑んだ、寄せ集め10人のキセキ。天に与えられた“走る”才能をもった2人の若者が出会った。致命的な故障でエリート・ランナーへの道を諦めたハイジと、ある事件から走る場を追われたカケルだ。ハイジはカケルこそが秘かに温めていた計画の切り札だと確信、壮大な夢への第一歩を踏み出す。それは、同じ寮で共同生活を送る8人のメンバーと学生長距離界最大の華といわれる<箱根駅伝>出場を目指すこと。ところが彼らは陸上から縁遠い上、漫画オタクや25歳のヘビースモーカー、アフリカから来た留学生・・・。しかし、ハイジの緻密なトレーニング法と走ることへの信念、仲間への揺るぎない信頼が、皆を変えていく。やがて明かされる、ハイジの故障の理由とカケルが起した事件の真相、そして8人それぞれが抱えてきた本当の想い。果たして、心を一つにした10人は、箱根の頂点に立つことができるのか―?

少し前に観た邦画DVD二本[カチンコ]

「プリンセス トヨトミ」は、期待した程ではなかったかな?
壮大な歴史スペクタクルと思いきやそうではなかった。
でも、父と(息)子の話にほっこり[いい気分(温泉)]

「風が強く吹いている」は、爽やかな青春映画で気持ち良く観れました。
先日図書館で原作小説を手に取ったらすごく分厚かった。いつか読もう[グッド(上向き矢印)]

と簡単なレビューですが、「風が強く吹いている」を観て来年の箱根駅伝が楽しみになりました[わーい(嬉しい顔)]
nice!(4)  コメント(0) 

ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ [映画etc.]

710vtnOKR+L.jpg
『ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ』
アーロン・ジョンソン, アンヌ=マリー・ダフ (出演), サム・テイラー=ウッド (監督)
若き日のジョン・レノンと彼の2人の母親の交流を描いた青春ドラマ。1950年代のリバプール。厳格な伯母ミミに育てられているジョンは、近所に実の母親ジュリアが住んでいることを知り、ミミに内緒で会いに行く。自由奔放なジュリアからロックミュージックを聞かされたジョンは音楽活動にのめりこんでいくが、17歳の誕生日にある事件が起こり……。英国の人気芸術家サム=テイラー・ウッドの長編映画デビュー作。ジョン役には「キック・アス」のアーロン・ジョンソン。共演にクリスティン・スコット・トーマス。

51Ya9Ya72kL.jpg
主題歌は、本作のテーマでもある“母"への想いを綴った名曲「マザー」(『ジョン・レノンアンソロジー』収録)。

少し前に観た『ジョン・レノン,ニューヨーク』は、ヨーコとともにアメリカに渡った頃から銃殺されるまでのジョンの生き様を描いたドキュメンタリー映画でしたが、こちらはまだビートルズでないどころかロックもギターも知らない高校生の頃のジョンからビートルズ結成直前までが描かれています[カチンコ]

なぜか叔父と叔母に育てられてきたジョン。
叔父は優しい父代わり、叔母は教育に厳しい母代わり。
成績はあまり芳しくなく、学校では先生に「ノーウェアボーイ(=行き場所のない落ちこぼれ)」と言われます。

そんな彼は大切な理解者である叔父を亡くし悲しみに打ちひしがれますが、そのことがきっかけで実の母が近くで暮らしていることを知り訪ねて行きます。
自由奔放な実の母との日々は刺激的で楽しくて、彼はロックを知りギター(母からはバンジョー)を学びます。
次第に行動が不良化し、学校も停学になるジョン。実の母と会っていることを知った叔母。
ふたりの母の間で、思春期まっただ中のジョンは揺れ動きます。

なぜ自分は叔父と叔母に育てられてきたのか。
自分は愛されていなかったのではないかー。

ジョンがロックを知り、ギターを手に入れバンドを結成し、やがてポールと出会う過程は、これがビートルズというビッグバンドへと育っていくのかと思うと、胸が高鳴り熱くなりました。
反面、彼はとうとう実の母と育ての母と真っ向から衝突し、うちを出ることになります。

後のあらすじは端折りますが、私は、ジョンは誰からも愛されなかったという思いと、ふたりの母から愛されたという思いと、両方の気持ちを携えて生きていたのではないかと思いました。
アタリマエに父母に愛されて暮らしたかった気持ちと、フツウではないけれど確かにふたりの母から求められたことをかけがえなく想う気持ちと。

よく実の母への思いが、後のヨーコとの関係に繋がったと言われています。
自由奔放で才能豊かだった実の母とヨーコは、確かに似ているかもしれません。
常にヨーコと一緒に居たがったのも、幼い頃に実の母と密接な関係を持てなかったからかもしれません。

でもこの映画からは、それぞれの母に対するジョンの思いはどちらかが大きいということはなく、またその思いにも彼なりに区切りをつけられたのではなかったかと思いました。

この映画の原作者は、ジョンの異父姉弟の姉とのこと。
映画の内容も事実に近いとのことですが、映画自体はドキュメンタリーという雰囲気ではなく、映画としてちゃんと成立していてとても面白かったです。
ふたりの母が姉妹であり、性格も考え方も違っていて、ジョンを巡って長い間確執を持ちながらもやは互いに対する愛情もあって、そんなふたりの関係も見所だと思いました。

ジョンに扮するアーロン・ジョンソンは、顔は似ていないのにだんだんジョン・レノンになっていって、すごいと思いました。
母に扮する女優さんたちもとても上手で、お勧めです[わーい(嬉しい顔)]
nice!(2)  コメント(0) 

春にして君を想う [映画etc.]

51qkqzJ8-NL.jpg
『春にして君を想う』
ギスリ・ハルドルスン, シグリドゥル・ハーガリン, ブルーノ・ガンツ (出演), フリドリック・トール・フリドリクソン (監督)
故郷に帰りたいという夢を叶えるため、二人の老人は盗んだジープを走らせる…。
アイスランドの幻想的な光景の中、故郷を目ざす2人の老人の姿を通じて、人間の孤独と不安、生と死、自然との関わりをつづった一編。

年老いてどこで死ぬかー。
アイスランドでも高齢化、家族離れ、は社会問題のようで、老人ホームは家族と離れて暮らす老人たちで溢れています。

主人公の老人も、ひとり暮らしに限界を感じ都心に住む家族を頼るも、同居は難しく老人ホームにたどり着きます。
そこで幼なじみと再会し、彼女の「故郷で死にたい」という気持ちに少しずつ心を動かされていきます。

アイスランドの映画は初めて観ましたが、音楽と映像とが今までに観たことがない幻想的な雰囲気で、そんな中故郷へ車を走らせるふたりは、ある意味で死に場所を求めているのに、なぜかうちに帰る子どものように無邪気でー。

廃村となった故郷にたどり着いたふたりは、つかの間幸せな追憶の時間を楽しみます。

どこか不思議で美しい映画でした[ぴかぴか(新しい)]
nice!(0)  コメント(0) 

劇場版 SPEC〜天〜 [映画etc.]

spec_ten.jpg
『劇場版 SPEC〜天〜』
通常の捜査では解決できない特殊な事件を専門に扱う「警視庁公安部公安第五課未詳事件特別対策係」通称“未詳”。特別捜査官の当麻紗綾(戸田恵梨香)と瀬文焚流(加瀬亮)のもとに“ミイラ死体殺人事件”のニュースがもたらされる。これはスペックホルダーによる犯行なのか。事件はやがて国家をも揺るがす大事件となっていく。シンプルプランとは?ファティマ第3の予言とは?その時、当麻の左手に激痛が走る…。

003.jpg

オフィシャルサイト:http://www.spec-movie.jp/index.html

先月末、SPECファンの友だちと観に行ってきました[るんるん]

映画化すると規模が大きくなる分粗が出るものね・・・という感想もあるものの、やっぱり面白くて楽しく観てきました。

この分だと「起」(←連続ドラマ)「翔」(←スペシャルドラマ)「天」(←映画)に続き、「結」も制作されるんじゃないかと期待しています。
「天」は繋ぎの感じも強かったので、「結」でどうなるか興味津々です!

とにかく、主演の戸田ちゃんが可愛かった(笑)。
ドラマを観ていなくて興味がある方、ぜひドラマからどうぞ[わーい(嬉しい顔)]
nice!(0)  コメント(0) 

ヤコブへの手紙 [映画etc.]

713NTDclO5L.jpg
『ヤコブへの手紙』
カーリナ・ハザード, ヘイッキ・ノウシアイネン (出演), クラウス・ハロ (監督)
出所したばかりの元囚人の女性と盲目の牧師の交流を描いたヒューマンドラマ。70年代のフィンランドの片田舎。恩赦により12年間暮らした刑務所を出所したレイラ。釈放されても身寄りのない彼女は、盲目の年老いた牧師・ヤコブの家で働くことになった。

最近、携帯からブログを投稿しているため、映画や本のレビューが後回しになっています[あせあせ(飛び散る汗)]

この映画は、先月初めにDVDで観ました。
フィンランドの片田舎が舞台の静かな映画です。
※以下、ネタバレありありです。

牧師のヤコブの元へは、毎日フィンランド中から人生相談のような手紙が届きます。
ヤコブはそれらの手紙を読んでもらい(盲目のため)、ひとつひとつ心を込めて神に祈ります。

ところが、ある日を境に手紙がぱったり来なくなります。
そこからヤコブの苦悩は始まります。

最初は、刑務所を出所してやってきたレイラが、牧師のヤコブと関わって変わっていく、というような話かと思っていましたが、観終わってレイラとヤコブの孤独なふたつの魂の救いの話だったのではないか、と思いました。

ヤコブは、神のため人のために人生を捧げてきました。
手紙を届ける郵便配達人も、ヤコブに手紙を送る人たちも、彼の誠実で敬虔な生き方を知っていました。

でも。彼は手紙が来なくなって、反対にそうした手紙に支えられて生きてきたことに気づきます。
手紙が来ない日々は、彼にとって生きる意味を見失う日々となりました。
彼は神に見放されたと感じ、無力感で起き上がることさえできなくなります。

同じくレイラも、どこにも行くところがなく、生きていく意味を見い出せずにいました。
ふたりは、生きることも死ぬこともままならない似た者同士でした。

最後に、レイラはヤコブを励まそうと、来てもいない嘘の手紙を読み上げます。
頑なだったレイラが、ヤコブのために何かしたいと思い、それを行動に移したのです。

そして、徐々に自分の身の上について語り始めました。
それを聞いたヤコブは、大切に持っていた一束の手紙をレイラに手渡します。
それは、レイラが罪を犯して二度と会えないと思っていた姉がヤコブに宛てた、「妹を助けて欲しい」と訴え続けたたくさんの手紙でした。

その手紙を読んで、レイラは涙とともに自分を苦しめてきた重荷を降ろすことができました。
ヤコブは、レイラの解放された様子を見た直後、あの世へと旅立ちました。

この映画を観て、強く『神の計画』ということを思いました。
ヤコブは、あのまま神に尽くした敬虔な一生を遂げるのではなく、自分の生き方を根本から見直す機会が与えられました。
「神のために」が、いつの間にか「自分のために」になっていたのではないか。
そして、いつも頼られる立場だった彼は、おそらく初めて「自分を助けてほしい」と心から神に祈ったのではないだろうか。

立ち上がることもできなくなった彼に、神は最後の仕事を与えました。
そして、その後ご自身の元に呼ばれたーそう私は思いました。

ヤコブを見送った後、レイラは生きるために力強く歩き出します。

私の憶測&感想が大半ですが・・・[わーい(嬉しい顔)]

舞台となったフィンランドの片田舎ですが、下記のサイトにロケ場所の観光案内が詳しく載っています。ご興味のある方はどうぞ!
とっても綺麗な場所でしたよ[ぴかぴか(新しい)]

“スオミの枝葉”
http://tavatabito-edaha.seesaa.net/article/266309959.html
nice!(1)  コメント(0) 
前の10件 | - 映画etc. ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。