So-net無料ブログ作成
検索選択

会えそうな夜 [わんこ]

今日はお出かけしたので、夜はふくちゃんとゆっくりお散歩しました[やや欠け月]

IMG_4668.jpg
「フンフンスンスンのスン♪」

ふくちゃんは、だんなさんとふたりでお散歩に行く時と、私が一緒の時とでは、夜のお散歩の分岐点で進む道を変えます。
私が一緒の時は、私の好きな方の道に行ってくれます(小川沿いの遊歩道[リゾート])。

IMG_4672.jpg

今日は夜になっても暖かくてそよそよ風が吹いて、「何だかミケちゃんに会えそう」と思っていたら・・・じゃん[ぴかぴか(新しい)]

IMG_4676.jpg

美人なミケちゃんです[猫]
ちょっとふっくらしていますが(笑)。
nice!(0)  コメント(0) 

免許の更新 [うち&近所(清瀬〜所沢)]

IMG_4657.jpg

うちから1時間半ほどかけて免許センターまで免許の更新へ[soon]
明日からは天気も悪くぐっと冷え込みそうなので、先延ばしにしていたけど勢いをつけて今日行ってきました。

最寄駅まで戻ってきたらもう暗くなっていて、一日がかりでした。
でも、行き帰りで一冊本が読めました[わーい(嬉しい顔)]

写真は、免許センター近くの綺麗な紅葉です[アート]
(しかし・・・運転の仕方ほとんど忘れてたなぁ[あせあせ(飛び散る汗)]
nice!(0)  コメント(0) 

あの庭の扉をあけたとき [読書]

51GRK3btTpL.jpg
あの庭の扉をあけたとき by 佐野 洋子 (著)
すべての強情っぱりたちへ心をこめて贈る物語。5歳の「わたし」と70歳の「おばあさん」。似たもの同士の心が通い合い、小さな奇跡がおこった。「わたし」がそのとき目にしたのは、強情だった少女と、強情だった少年の、ひそやかな歴史―ユーモラスで、力強く、ほろ苦くて、やさしい珠玉の言葉をつめこんだ、佐野洋子のファンタジー小説

絵本かと思って予約したら小説(童話?)でした[本]

おとうさんとようこはよく一緒にお散歩に出かけます。
その時の会話がなんだか微笑ましい。おとうさんは決して模範的なおとうさんではなくて、ようこの素朴な疑問に愛想のない、でもウソのない率直な答えを返します。

そんなお散歩中に見つけた朽ち果てたような洋館。
あるおばあさんが越して来てから、見違えるように花でいっぱいになっていきます。
でもこのおばあさんも決して優しくて親切なおばあさんではなくて、愛想のない強情っぱりな人なんです。

ちょっとぶったまげるような乱暴なエピソードも含みつつ、『強情』な人たちの生き方を優しく温かく見つめるお話。

「わたしは七十になったけど、七十だけってわけじゃないだね。生まれてから七十までの年を全部持っているんだよ。だからわたしは七歳のわたしも十二歳のわたしも持っているんだよ。あんただって、五歳のあんたを持っているだろう。(後略)」

強情なおばあさんの強情な生き方にホロッとさせられたり[たらーっ(汗)]

併録されている『金色の赤ちゃん』も、難しいテーマながら読み終わる頃にはともちゃんやようこちゃんと一緒ににこにこ顔になっていました。
物語の力ってすごいなぁと改めて思わされました[わーい(嬉しい顔)]
nice!(0)  コメント(0) 

まほうつかいのクリスマス [読書]

5125CQ3S92L.jpg
まほうつかいのクリスマス by 森山 京 (著), 佐野 洋子 (イラスト)
「おや、こんやはクリスマス・イブだ」まほうつかいのおばあさんがカレンダーをみて、ひとりごとをいいました。「よるには、サンタがやってくる。こどもたちにプレゼントをもって」まほうつかいは、こどもたちににんきのあるサンタがとてもうらやましくなりました。ちょっとかわったハッピークリスマスストーリー

ちょっとひねくれたストーリーが佐野さんらしい?と思ったら、佐野さんはイラストだけでした(笑)。

こどもたちだけじゃなくて、まほうつかいのおばあさんにも、みーんなにもたらされるクリスマスの奇跡[ぴかぴか(新しい)]
そんなことを思いながら読みました。

クリスマスの絵本、他にもいろいろ借りて来ようっと[わーい(嬉しい顔)]
nice!(0)  コメント(0) 

人の上からお誘い [わんこ]

IMG_4655.jpg
「おねえちゃん!」

私の好きなふくちゃんの表情のひとつ[かわいい]
だんなさんのひざ先ギリギリまで来て、そこから「ワッフワッフ」とたぶん遊び?に誘っています。

IMG_4656.jpg
「きて♪」

それからオスワリをして前足だけで足踏みをして、私が行くのを待ちます(笑)。
いつもは私とだんなさんが逆で、私はふくちゃんの足踏みを感じながら「おにいちゃん、きて♪」(と言ってるよー)とアフレコしています[わーい(嬉しい顔)]
nice!(0)  コメント(0) 

ふくちゃんの変化 [わんこ]

女の子ウィークにて更新が滞っていてすみません[あせあせ(飛び散る汗)]

IMG_6063.jpg
写真も撮っていなくて・・・2年近く前のふくちゃんです[カメラ]

ゴロゴロしながらいろんなことを考えていて、ふくちゃんのこともあれこれ考えていました[グッド(上向き矢印)]
ふくちゃんは人懐っこくて、うちに来た日からヘソ天で眠るくらいマイペースな子なのですが、3年目の今もいろいろ変化があります。

毎日少しずつのことなので「こう変わった!」という劇的な変化ではないのですが、甘え方はずいぶん変わった気がします。
もちろん前から甘えることはあったし、甘え上手だなぁとも思っていたのですが、意外にちゃんと空気を読んで今ならという時に甘えていたような・・・でも最近は何とも無邪気に甘えます[ムード]

例えば。だんなさんとお散歩から帰ってきた時、私のところへ飛んで「おさんぽいってきたよ!」ととっても嬉しそうに報告に来て、「おねえちゃん、ただいま♪」とひざに上り熱烈キッスをしてくれます。
キッチンでお皿を洗っている時、突然やって来て足にピョンピョン飛びつき&カリカリ掻いて、「おねえちゃんおねえちゃん!」としきりに呼んでくることもあります。

だんなさんには、その場でピョコピョコ飛びながら「遊ぼ♪」と、とっても嬉しそうに遊びに誘います。
普段結構大人っぽいふくちゃんですが、無邪気に遊びに誘ったり素直に甘えたりすることが増えた気がしてとても嬉しいです。他にも感情をストレートに出してくれるようになった気がします。

うちに来るまでの犬生が約4年、うちに来てからはまだ2年半。少なくともうちに来てからの犬生の方が長くなるまではゆっくりじっくり、心の奥の方の傷のようなものが癒えて本当に伸び伸び過ごせるようになってほしいと思っています。
3年目にして見せてくれたこうした変化に、また少しふくちゃんとの距離が縮まったかなと嬉しく思いました[わーい(嬉しい顔)]
nice!(0)  コメント(2) 

準備万端! [わんこ]

少し前の写真ですが、だんなさんの実家に遊びに出かける前のふくちゃんです[soon]

写真 11-11-12 11 11 00.jpg
「じゅんびばんたんよ!」

キャリーバッグは出かける直前まで持って来ないようにしているのですが、持って来るとまだチャックを開けていないのに中に入ろうとして、バッグの上に乗ったり引っ掻いたりまるでバッグと戦っているようになり大変です(笑)。

写真 11-11-12 11 11 09.jpg
「さ、いきましょ♪」

そんなふくちゃんをどかしてチャックを開けると、すごい勢いで突っ込みくるっと向きを変え、何事もなかったかのように落ち着き払って「さ、いきましょ♪」という顔をします(爆)。

だんなさんに写真をもらったので載せてみました[わーい(嬉しい顔)]
nice!(1)  コメント(0) 

遠慮します。 [わんこ]

IMG_4642.jpg
「えんりょします」

「ブラッシー(=ブラッシング)するよー」とスプレーとブラシを持ったら逃げちゃいました[モバQ]

最近全てのケアに対して、とりあえず耳掃除と同じ反応をしてきます。
「耳掃除じゃないよ、ブラッシーだよ♪」と言うも、「いつ翻すか分かったもんじゃない」と不審の目で見つめられます(笑)[あせあせ(飛び散る汗)]

ケアを少しでも好きになってもらえるよう、「ふくちゃん、きれいねーえらいねー。チュッチュ」などと褒めつつ愛でつつ&楽しそうにやってみているのですが・・・いつか効果が出たらいいなぁ[わーい(嬉しい顔)]
nice!(0)  コメント(0) 

RED [映画etc.]

51CpBQX-4VL.jpg
『RED』
ブルースウィリス, モーガン・フリーマン (出演), ロベルト・シュヴェンケ (監督)
フランク・モーゼズは、アメリカ政府からの年金で、静かな引退生活を送る50代の独身男性。唯一の楽しみは、年金課の担当であるサラとの電話での会話だった。ところが、そんなある夜、謎の襲撃を受ける。フランクは、元CIAのトップエージェントで、かつて関わった極秘任務が原因でCIAから抹殺命令が下されたのだった。フランクは身の危険を感じ、自分と繋がりのあるサラを守るため有無を言わせず職場から拉致し、かつての“仲間”たちの下へと向かった。かつての仲間たちとは、CIAからコードネーム《RED》(引退した超危険人物)と呼ばれる元一流のスパイたち。さらに、元 MI6の美人スパイやかつての仇敵旧ソ連のスパイも加わり、恐ろしく、強力なタッグができあがった!
現役CIAがハイテク技術を駆使して守ろうとする巨大な陰謀に対抗するREDたちオヤジ集団。知識と経験を武器に真相に近づいていくのだが、事態はとんでもない展開に・・・。果たして彼らは真相をつかむことができるか?

息抜きにアメリカンな映画をひとつ[爆弾]

引退した元スパイたちが久々に集まって大暴れ!
もっとアクションの規模がでっかくてスカッとする感じかと思っていたけど、意外に大人しめでした(笑)[わーい(嬉しい顔)]
nice!(0)  コメント(0) 

強気でマイペース? [わんこ]

今日はふくちゃんとふたりでゆっくりパン屋さんまでお散歩しました[晴れ]

寒いかと思ったけど、陽に照らされて歩いているとあったかい。
ふくちゃんも軽装にして良かった[グッド(上向き矢印)]

IMG_4633.jpg
「ナデナデしてもらっちゃった♪」

パン屋さんでは、朝食用の食パンとふくちゃんのおやつとホットコーヒーを買ってしばしブレイク[喫茶店]
ふくちゃんは、わんこ好きの店員さんがナデナデしてくれてご満悦!

IMG_4636.jpg
「わんこはっけん!」

帰りに堤防を歩いていると、河原をイケワンがお散歩していました[犬]
向こうもこちらを見ています。

飼い主さんに「オスですかー?」と聞かれたので「メスですー」と答えると、「じゃあだいじょうぶ」と斜面を駆け上がってきたイケワン君。
ふくちゃんも喜んで降りて行き、河原で走り回って遊び始めました[かわいい]

途中「キャオン!」という声がして、飼い主さんと顔を見合わせ「だいじょうぶですか!?」と聞かれるも、二回目の「キャオン!」でふくちゃんではなくひと回り大きなイケワン君の方がふくちゃんの勢いに負けて鳴いていることが判明[あせあせ(飛び散る汗)]

その後、突然草を食み始めたふくちゃん。
その周りをオタオタと様子を見つつ遊びに誘うイケワン君。

ふくちゃんシカト。
私がイケワン君をナデナデ。

イケワン君は相手がオスだとかなり強いらしいのですが、強気な女の子にはめっきり弱いようで「あ、あの、ぼくとあそばない?」と、とても控えめに誘い続けていました。
ずっと草を食み続けるふくちゃんの気持ちはさっぱり分かりませんが、何ともマイペースなふくちゃんに呆れるやら笑えるやらで、私的にはかなり面白かったです[わーい(嬉しい顔)]

IMG_4637.jpg

そして、さよならダッシュ[ダッシュ(走り出すさま)]

IMG_4640.jpg

いやはや。今日も川は綺麗でした[ぴかぴか(新しい)]
nice!(1)  コメント(2) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。